So-net無料ブログ作成
検索選択

哀しくはない、ただ寂しい [日記]

この日がこんなに早くやってくるとは思ってませんでした。

まさかこんなにはやくスティーブ・ジョブズが亡くなってしまうとは…

私は別にアップルが特別好きという訳ではありません。天邪鬼なのでMac miniでWindows使ったり、G4Cubeを動態保存していますが。ジョブズやアップルが歩んできた道は非常に興味深いものがあるし、敬意を払うべきものであると考えています。個人的にはジョブズがアップルに復帰した前後の、あの混沌とした中からiMacMacOS X、iPodが生まれ、虹色ロゴが消え、名機と迷機を生み出していた時期は、想像と破壊を繰り返していたようで、見ていてとても面白かったことを覚えています。

私は経営者としてのジョブズはあまり好きではありません。が、ジョブズの人に魅せる力や果てしなく高いプレゼンテーション能力はとても大好きですし、参考にしてきたことも多々あります。実際にYouTubeでジョブズのプレゼンテーションやスピーチを見ることができるようになってからは「どのポイントで大切なことを言うと人を弾きつけることができるか」「いかに興味を持ってもらうプレゼンテーションをすることができるか」、そんなことを考えつつ何度も何度も動画を見ていました。

何かうまくまとまりませんが、哀しくはないけど寂しい感じです。ジョブズのプレゼンテーション動画ではなく好きなアップルのCMを紹介してこの記事を書き終えたいと思います。


1984


iMac Colors

黙祷


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。