So-net無料ブログ作成
検索選択

ダン・ウェルドンの事故死に思う [F1]

人がいずれ亡くなることは必然だけど、今年は尊敬していた方や多くの有名人が亡くなって実は少しだけ落ち込み気味です。そして東日本大震災もあって多くの方が亡くなられましたし。今年ほど生と死を考える機会の多い年もないなぁ、と感じています。自分が自然にそういうことを考えるような年になってきたということなのかもしれません。

私の好きなモータースポーツでも今週悲劇がありました。インディ500チャンピオン、ダン・ウェルドンの死亡事故です。

ヨーロッパのモータースポーツがベースにある日本ですので、あまりアメリカのモータースポーツや選手のことが知られていないのが寂しいところですが、ウェルドン、素晴らしい選手です。アメリカのオープンホイールレースの最高峰、2回のインディ500チャンピオン(しかも直近の勝者)、1回のインディカーシリーズチャンピオンは輝かしい戦績と言えるでしょう。

正直なこと書くと、あのクラッシュ映像をみてしまうと亡くなったのがウェルドンひとりだったというのが信じられないほど酷いもので。何か質の悪い映画のCGのクラッシュを見たような気分の悪さを感じました。

来年からインディカーは新シャシーが導入されます。もちろん現状よりも安全性を高めることも考慮されているでしょう。ただ、市街地コース、パーマネントコースといったロードコースはいいんだけども、オーバルコース、特に1.5マイルを越えるような超がつくハイスピードオーバルの場合、多重クラッシュが発生したときの対策をどれだけ厳重に立てていたとしても限界があることを今回の事故が実証してしまったと感じます。

今回の事故は1.5マイルオーバルに34台のマシンを走らせたのが原因のひとつではありますが、台数を減らしたとしても確率が下がるだけでリスクの高さは変わりません。簡単に思いつく範囲だとコンクリートバリアの高さをあげる、コース距離に応じた参加台数に限定する、直接体に破損したパーツが当たらないようにする、このあたりでしょうが…。

キャノピーを付けたらいいという案も出ているようですが、それだとフォーミュラカーじゃ無くなる気もするし。オーバルのレースを無くしたらよいという意見も一部ありますが、オーバルの無いインディカーはもはやインディカーと呼んではいけない代物だと思いますし…。レギュレーションに関しては来シーズンが始まるまでに主催のIRL側にしっかりと作っていただきたいと思います

今はウェルドンのご冥福をお祈りすることが私にできることです。黙祷。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。